5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

俺に是非を説くな 激しき雪が好き

1 :銀河蒼茫:04/01/22 20:10
俳人野村秋介を語ろう

2 :詠み人知らず:04/01/22 20:46
野村秋介
昭和十年東京に生れ、横浜で育つ。
同三十六年「憂国道志会」を結成して右翼活動家として独立。
同三十八年、河野一郎邸を焼き打ちの「炎の警鐘事件」にて獄中に十二年、同五十年出所。
その後同五十二年には、経団連本部を襲撃して再度六年獄中に。
この間十八年に及ぶ獄中生活であらゆる分野の書物を読破、
新右翼理論家としての基礎を固める。
同五十八年に出所後は、ヤルタ・ポツダム体制の打倒を主題とする
新しい民族運動=思想戦争を唱える。
著書に『獄中十八年』『友よ荒野を走れ』『いま君に牙はあるか』
『獄中日記・千葉編』『汚れた顔の天使たち』『美は一度限り』の他、
『獄中句集 銀河蒼茫』など俳人としても知られ、
遺著となった『さらば群青』や『野村秋介獄中日記・府中編』がある。
平成五年十月二十日、朝日新聞東京本社において拳銃自決。享年五十八歳。

3 :詠み人知らず:04/01/22 20:47
2ch政治思想板より

【新右翼】野村秋介【民族派】
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1067886230/


4 :詠み人知らず:04/01/22 21:05

やくざです 放火犯です ごみくずで ゆすりそこねて 誤射ミットナ



5 :ぎょうざたいしょう:04/01/22 21:15

ていこくの ゆくえをたねに ゆすりだす たかりのみちは かなしかりけり





6 :詠み人知らず:04/01/22 21:16
野村さんの句で俺が好きな句&有名な句

誰もしやべるな 桜が散つてゐるから
春泥のこのさみしさを君もゆく
桜の空 仰ぐと誰もゐなくなる
五月雨て 背の壁つたふ無常感
世の虚妄 青葉光るを 信ずるのみ
石廊を出て鰯雲「また秋か」
拝啓と書いてしばらく聴く時雨
白菊の白が溢れて とどまらぬ
冬三日月 祖国は何処へゆかむとするか
枕には 冬の夜空をつめて寝る
昂然とゆくべし冬の銀河の世
憂憤を秘めてさみしき冬の虹
俺に是非を説くな 激しき雪が好き

7 :詠み人知らず:04/01/22 21:20
もちろん>>6の句は全部獄中での句です。
それを想像しながら読むと、凄い句だと思う。
句の上手い下手じゃなくて、句に込められている思いが好きさ。

8 :詠み人知らず:04/01/22 21:35

自省なき 下手な歌ゆえ 馬鹿ひかれ アホなら歌い つどうかんごく

9 :ぎょうざたいしょう:04/01/22 21:40

やくざなら おてんとうさまの したにでちゃ いけないんだよ 歯槽(いたすれ)うずけば

10 :詠み人知らず:04/01/22 21:55
野村さんの句集の冒頭で中上健次さんが、野村さんの

在すごと夜の白梅またゝきぬ
憤怒とはかくも静けき夜の梅
寒梅の毅然なりしをわれも秘む

といふ句を取上げ、解説してをります。

−幾重もの断念によって圧縮され、熱を持ち広がった野村秋介の句は、
私たちの同時代の人の手になるにもかかわらず記紀や万葉の時代の
古人の手垢でまみれていない、太いおおらかな魅力を発する。何故だろうか?−

そして中上氏は、“何故”の理由を二つあげる。

−一つは野村秋介氏は、言葉を信じ、疑ってはいないことである。この句集のどの言葉も
正味であり、修辞ではない。白梅、寒梅は幾重もの断念によって気が漲り、充実した心眼
と呼ぶべき眼が直視した白梅であり寒梅なのである。(後略)−

と。
非常に的確に野村氏の俳句の“マトリックス”を解説してゐると僕は思ふ。

11 :へいわなしょみん:04/01/22 22:15

おまえらは おそろしくないか いえがやけ ぷーるでおぼれ えきのほーむに

#きをつけましょうね




12 :詠み人知らず:04/01/22 22:18
野村さんを民族派に引き込み、
思想的にも人間的にも影響を与へたのは三上卓ですね。
五・一五事件の三上卓。
そしてこの人もたくさん俳句を詠んでゐる。
この人の句を若干紹介。

国を興す大悪人出でよ 雲は灼け
野火赤く 人渾身の悩みあり
傾く夏 秋介笑みて日を待てり
只一人 乱世の雄出でよと 海にいのる

そして三上さんはかう述べてゐる。
−私は俳人ではない。誰にも師事した事がない。従つて、専門家が見れば、恐らく
俳句の態をなしてゐないかもしれぬ。自分でもこんな句は駄目だと思つてゐる。唯、
私は『こころ』を詠みたい。どこまでも『いのち』を詠みたい。それであけである−

この上の三上氏の言葉は、
はからずも野村氏の思ひと共通するのではあるまいか。

13 :詠み人知らず:04/01/22 22:19
放火魔が 右翼を気取り 自決して 犯罪者は 犯罪者や
 
アウトローでやったら?

14 :詠み人知らず:04/01/22 22:24

きのどくだが はっきり いって 下手

こころ いのちなんか うたっていない。

ばかの おもいこみといったほうがよい




15 :詠み人知らず:04/01/22 22:28
バカが思い込みで作り、思い込みで誉めるのが俳句なのよ。
「こころ」も「いのち」も誉めるときの常套句さ。

16 :15:04/01/22 22:30
そのような誉め言葉をみずから使ってるのが実にいやみだ。

17 :詠み人知らず:04/01/22 22:33
そして三上氏への野村さんの俳句がまたいいのです。

―三上先生を偲ぶ、三句―
夕顔のもの云ふ白さ亡師と居る
茫然と失語の銀河垂らしゐき
われも行かむ夏草茂る道なるを

―「三上卓追悼号」の差し入れを受けて―
哭くまじと思へど春の雪に濡れ

―そして三上氏を想つてと思はれる句―
いまは亡き悲願の人の悲願を継ぐ
悲願一途 いまも雪富士はるかなり

18 :詠み人知らず:04/01/22 22:44
桜の空 仰ぐと誰もゐなくなる


僕はこの句が、今、実体験として一番よくわかる。一番頷ける。
桜が何を表してゐるのか。
誰もゐなくなるというのは何の比喩なのか。
いい句だな。

19 :詠み人知らず:04/01/22 22:45
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baags702/tansi05.html



20 :詠み人知らず:04/01/22 22:48

ばかは しななきゃなおらない

ゆすり歌

21 :詠み人知らず:04/01/22 22:57
白菊の白が溢れてとどまらぬ


男だつたら涙を流してはならぬ。
しかしそれでも泣き、涙を流す時、
上の野村さんの句の意味がよくわかるんだな。

22 :詠み人知らず:04/01/22 22:57
>> 誰もゐなくなるというのは何の比喩なのか。
>> いい句だな。
>> ゆすり歌

わかりました。

23 :詠み人知らず:04/01/22 23:10
>>22
もちろん刑務所での句ですから、周囲は破廉恥犯や
私利私欲に走つて犯罪を犯したものばかり
(もちろんそんな人を拒絶するほど器量の小さい人ではないが)。
桜は悠然と咲き、そして散る。
自分はそれを見上げる。
世界は一瞬のうちに激変し、誰もゐなくなる。
桜と自分だけになる。
いや、自分すらもゐないかもしれぬ。
しかしその強烈な恍惚と自惚れと一体感と、絶望。

俺は“右翼絶望派”だから、と言つた野村さん。
俺は“浪漫主義者”だから、と言つた野村さん。
とてもいい句だと思ひます。

24 :詠み人知らず:04/01/22 23:20

 仏門にはいられ 巡礼贖罪の旅にでられることをおすすめします。





25 :詠み人知らず:04/01/22 23:24
野村さんは臨済禅を真剣に学びましたね。仏門に入ることを真剣に考えましたね。
そして出所後にお寺に入ろうとしたけど気づいた。
自分は隠者であつてはいけない、いや、今の日本では隠れるところはない。
隠れるべき、抱かれるべき、山川草木が汚されてゐるじゃないか、と。
そこで<戦闘者・野村秋介>は再び戦場に帰つたのです。
刑務所が戦場で、娑婆が天国ではない。
むしろその娑婆こそ、戦場なのです。

26 :詠み人知らず:04/01/22 23:28

うつわにしたがったわけです




27 :詠み人知らず:04/01/22 23:31
寒暁をはるかな貨車の長響き


夜、刑務所で寝てゐると、貨物列車の走る音や汽笛が聞こえてくるのです。
その音が心に染み入るのでせうね。

28 :詠み人知らず:04/01/22 23:38
ちなみに野村さんが経団連事件の時につとめた府中刑は、
地下鉄の上にあるらしいですね。
夜寝てると、ガタンゴトンガタンゴトンと聞こえてくる。
その時に府中刑にゐる連中は、痛切に、
あ〜、脱獄してえ、つて思ふらしいです。
あの電車に乗れれば俺は自由なのに、と。

29 :詠み人知らず :04/01/22 23:41
新橋の  駅前眠る マグロごと

#刑務所のほうがらくだなあ ホームレスの俳人の歌です




30 :詠み人知らず:04/01/22 23:45
新橋の 駅前眠る マグロごと   か……。


思へば、かういふ人をこそ助けるため、
野村さんは闘つてきたのだあらうな。
「天下億兆その所を得ざれば全て朕が罪なり」といふ
天皇の言葉を常に大事にしてゐた。
困つた人を助ける、涙を持つ、涙を大事にする、
それが民族主義・天皇主義の理念だ、とね。

31 :詠み人知らず:04/01/22 23:45
>>28

そうですか
わたしにはきこえませんでしたが

もしかして 三億円の かくしばか 

32 :詠み人知らず:04/01/22 23:48
>>31
私の先輩が府中につとめてましてね。
いつもそれをいつてました。
横浜刑にも先輩がつとめてゐるのですが、
横浜刑も地下鉄だがが走つてて、
夜寝てると悲しくなるらしいですよ。

33 :詠み人知らず:04/01/22 23:50
そんな刑務所の話はだうでもいいのだが…。

みなさんも野村さんの句を知つて欲しいと思ひます。
それでは、今夜は寝ます。

34 :33:04/01/22 23:51
失礼、>>32の横浜刑のくだり。
つとめてゐるじゃなくて、つとめてゐた、に訂正します。

35 :詠み人知らず:04/01/23 00:09

刑務所すれか  愛国短歌が
いいのでは?



36 :詠み人知らず:04/01/23 10:43

はじをしるなら  アウトローへ移行してください

一般の方に不愉快な思いをさせてます





37 :詠み人知らず:04/01/23 11:36
歌人、俳人というものは、基本的にアウトローだと思うのですが。

38 :詠み人知らず:04/01/23 13:15

歌人俳人は反体制運動と正反対の位置にあります。
四季自然情を楽しみ感受するのが本質です。
間違っても人為的に世の中をかえてはいけません。

欧米の詩人とは本質的に違うのです。
彼らに理想という規範があるのです。



39 :詠み人知らず:04/01/23 13:16

というわけで アウトローにうつります。


40 :詠み人知らず:04/01/23 16:23
野村さんは俳人なんですけど。銀河蒼茫っていう句集も出してますし
このスレタイも野村さんの句でしょ?

41 :詠み人知らず:04/01/23 17:09
この人って 朝生とかにも 出てたよね? 

42 :詠み人知らず:04/01/23 18:03
政治思想で相手に去れずにこんなところに来ているほう過半

43 :詠み人知らず:04/01/23 18:08

新聞社で自殺したそうだが、痕のクリーニングとか、救急シャ
死体処理などの費用はまさか税金じゃないだろうね
刑務所も税金だし、国家的には金のかかる人だったんだね


44 :詠み人知らず:04/01/23 18:40
>>18
桜ってのは特攻隊??

45 :詠み人知らず:04/01/23 20:17

特攻隊には前科ものはいません!
恐れ多くも賢くも天皇陛下がお目にとどめらる志願兵ですから





46 :詠み人知らず:04/01/23 20:50
いやいや、特攻隊の比喩かどうかって意味だよ。
アタマダイジョウブ?

47 :詠み人知らず:04/01/23 21:21

特攻隊に比喩などいらん。
放火犯とは世界が違う
第一生霊に失礼ではないか!!

ハラヲキレ


48 :詠み人知らず:04/01/23 21:24
それじゃ俳句・短歌などの芸術は成り立たない

49 :詠み人知らず:04/01/23 21:26
特攻は芸術ではない
非人間の情をうたうのだ!


50 :詠み人知らず:04/01/23 21:27
>>48
気持ちはわかるけど相手にすんな(´Д`)
バカは報知プレイが一番だよ。

51 :48:04/01/23 21:30
俳句の話をしているのですけど( ´,_ゝ`)プッ

52 :48:04/01/23 21:31
>>50
了解
それもそうね。

てか、このスレは七五調でしゃべらんでもいいの?

53 :詠み人知らず:04/01/23 21:32
俳句単独の世界なんてありえない。
それならコンピュータで休みなく作らしておけばいい。

言霊のくにの俳句だから いっているのだ
放置だと!
キサラマチンピラが おれが相手をするとおもうか!


54 :詠み人知らず:04/01/23 21:42
チンピラと 街の馬鹿衆の ケンカかな


55 :詠み人知らず:04/01/23 21:51
情と理と くにのゆくえを おもうとき いずれがただし きみはこたえず

#放火された河野洋平は、イラク事変(?)に冷静なのは皮肉だな!
#低レベル俳句馬鹿とは違っている


56 :詠み人知らず:04/01/23 21:58
桜は散る いずれがただしと問うたとて

57 :詠み人知らず:04/01/23 22:03
特攻で 肉親とられ くやしきや まじめにいきて サクラ健やか


58 :詠み人知らず:04/01/23 22:08
(野村秋介 特攻秘史を読んで)

大義といふ 道の彼方の冬銀河

59 :詠み人知らず:04/01/23 22:15
野村秋介が俳人かどうかはともかく、俳人1人に1スレ立てられてはたまらんよ。
スレ立てた人がバカウヨじゃなくて俳句を愛する人なら考えればわかるだろう。
他の人はこのスレは放置しよう。

60 :詠み人知らず:04/01/23 22:19
誰もしやべるな 桜が散つてゐるから
桜の空 仰ぐと誰もゐなくなる


♯特攻の悲しみを一番わかっていたのは野村さんではあるまいか。
♯サイパンを旅行した時、海底に野村さんは一つのゼロ戦を見つけた。
♯そして野村さんは黙って海に飛び込み、ゼロ戦に触れた。

61 :詠み人知らず:04/01/23 22:26
誰もしやべるな 桜が散つてゐるから

#荒岱介氏と刑務所で出会った野村さんは、翩翻と掲揚されている日の丸を指して、
 荒氏にこう尋ねた。
 「お前、あの日の丸を見てどう思う? あの日の丸を守るため、多くの人が命をかけたんだ」
 荒氏はいった。
 「あの日の丸の下で殺されていった人のことを忘れてはいけない」
 そして野村さんはいった。
 「わかってる……」

62 :詠み人知らず:04/01/23 22:30
sage進行で

63 :詠み人知らず:04/01/23 22:33
kyuukouka


64 :詠み人知らず:04/01/23 23:31
>>60特攻の悲しみ。。サイパンを旅行した時、海底に野村さんは一つのゼロ戦を見つけた。

特攻はレイテの戦いではじめて登場しました。
サイパンでは特攻はいません。
マリアナ沖の戦いで一方的に虐殺されたゼロ戦でしょう

勘違いの感傷はこまりものだ。 


65 :詠み人知らず:04/01/23 23:38
サイパンの特攻隊だなんて一言も言ってませんが。
たまたまサイパンでゼロ戦を見つけ、それでもぐったんですけど。
ちなみにレイテ沖のゼロ戦が出撃した日、野村さんは自決しました。

66 :詠み人知らず:04/01/23 23:40
揚げ足とりはやめて欲しい。
どうもさっきから野村さんを馬鹿にする発言をみてると、
ためにする議論でしかないような気がする。
純粋に歌と人となりを見てほしい。

67 :詠み人知らず:04/01/23 23:46
フィリピン レイテ沖マバラカットから特攻隊は出撃。
野村さんは群青の曲を歌い、言った。
もうすぐ還るよ、と。

68 :詠み人知らず:04/01/23 23:51
特攻隊の遺族にとって 前科者は迷惑だといっているんです。


69 :詠み人知らず:04/01/23 23:54
私の知り合いの特攻隊の生き残りのあるおじいさんは、
酒を飲むと野村さんの話をいつもします。

70 :詠み人知らず:04/01/23 23:57
関パイロットは、特攻要請に一晩抵抗したが翌朝出撃した。
一人ムスコをうしなった母は、嫁とも別れ、戦後は山奥の飯場の
まかない婦をしたがどうなったんだろう

しかし、前科のないきれいな息子を誇りに思ったに違いない。
ましては ゆすりまがいの ピストル自殺で引用されては
やりきれないと思う


71 :詠み人知らず:04/01/24 00:04
特攻隊を思って悲しくなるのはみな同じです。
悲しみを持たない人はたぶんいないでしょう。
「悲しいんだ」っていう言辞はその意味であまり意味を成しません。
遺族であろうとも何であろうとも。
野村さんにしてもそう。悲しみを共にしたから、
あのような句をいくつも詠んだのでしょう。

人の悲しみがわかるはずのあなたが、なぜ共に悲しんでいる人を
ゆすりだのたかりだの言って拒むのでしょうか。
人の悲しみがわかるはずのあなたが、
なぜゆすりだのたかりだの言って人を悲しませるのでしょうか。

野村さんはゆすりをしましたか? たかりをしたでしょうか?
共に悲しみ、涙を持ったはずです。

72 :詠み人知らず:04/01/24 00:07
雁高し悲憤は人に告げざりき   野村秋介

73 :詠み人知らず:04/01/24 00:10
>野村さんはゆすりをしましたか? たかりをしたでしょうか?

しなかったのですか?

>なぜ共に悲しんでいる

人の不幸を利用しているように見えるのです。
仏門に入られることを薦めます。




74 :詠み人知らず:04/01/24 00:26
ゆすり? してませんけど。

前にも書きましたけど、野村さんは出獄後禅寺に入ろうとしてました。
しかしそれは、人の不幸を利用しただとか、人を傷付けた悔悟のためではありません。
野村さんは誰も傷付けずに生きてきました。
野村さんは、刑務所で臨在禅を学び、世の無常を感じ、お寺に入ろうとしたのです。
いわば隠者になり、満身創痍の身を癒そうとした。
しかし「現今の日本に遁れるべき山河も寺もない」と毛呂先生に言われ
また戦場に帰っていったのです。

75 :詠み人知らず:04/01/24 00:27
もう一度聞きます。
人の悲しみがわかるはずのあなたが、なぜ共に悲しんでいる人を
ゆすりだのたかりだの言って拒むのでしょうか。
人の悲しみがわかるはずのあなたが、
なぜゆすりだのたかりだの言って人を悲しませるのでしょうか。

私は、

>特攻隊の遺族にとって 前科者は迷惑だといっているんです。

この言葉を一生忘れません。

76 :詠み人知らず:04/01/24 00:35
(野村秋介 特攻秘史を読んだおりの句)

一掬のなみだ色なる 冬銀河




77 :詠み人知らず:04/01/24 00:40
>この言葉を一生忘れません。

日本の特攻隊は天皇陛下に直接奏上されます。
最高の名誉であります。

これにくらべ
諸外国の特別攻撃隊(生還をきさない決死隊)は、犯罪者(とくに死刑囚)から
構成されています。 そのため占領地、戦場になった地域で強姦、強盗
殺人を平気でやります。 アフリカの外人傭兵隊など現在でも珍しくありません。

特攻隊は清潔純粋なもので日本民族の誇りなのです。
この誇りを傷つけたくありません


78 :詠み人知らず:04/01/24 02:43

ラストサムライ



79 :詠み人知らず:04/01/24 10:42
モロッコの 波頭激しき 晩夏光   秋介

80 :78:04/01/24 11:57

ラストヤクザ




81 :詠み人知らず :04/01/24 12:04
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/tanka/993369024/l50

553 :詠み人知らず :04/01/06 01:16
しにきれず くらやみまよい あうひとの いろののうたん なぜかなかりる

きがつけば とつくにびとに たすけられ いのちおしいか ついわらいたり

てをあげん とすれどもはや なきもので したもかめずに いたみにひたる

くにかえり いきはじさらす やまとのこ やみいちはしる ぐんかほころび

554 :詠み人知らず :04/01/07 21:48
おほきみに命捧げしますらをの誉れ花咲く靖国の宮


82 :詠み人知らず:04/01/24 12:14
28 名前:詠み人知らず[] 投稿日:04/01/22 23:38
ちなみに野村さんが経団連事件の時につとめた府中刑は、
地下鉄の上にあるらしいですね。
夜寝てると、ガタンゴトンガタンゴトンと聞こえてくる。
その時に府中刑にゐる連中は、痛切に、
あ〜、脱獄してえ、つて思ふらしいです。
あの電車に乗れれば俺は自由なのに、と。

31 名前:詠み人知らず[] 投稿日:04/01/22 23:45
>>28

そうですか
わたしにはきこえませんでしたが

もしかして 三億円の かくしばか 

68 名前:詠み人知らず[sage] 投稿日:04/01/23 23:51
特攻隊の遺族にとって 前科者は迷惑だといっているんです。

83 :詠み人知らず:04/01/24 12:20
8 名前:詠み人知らず[] 投稿日:04/01/22 21:35

自省なき 下手な歌ゆえ 馬鹿ひかれ アホなら歌い つどうかんごく

28 名前:詠み人知らず[] 投稿日:04/01/22 23:38
ちなみに野村さんが経団連事件の時につとめた府中刑は、
地下鉄の上にあるらしいですね。
夜寝てると、ガタンゴトンガタンゴトンと聞こえてくる。
その時に府中刑にゐる連中は、痛切に、
あ〜、脱獄してえ、つて思ふらしいです。
あの電車に乗れれば俺は自由なのに、と。

31 名前:詠み人知らず[] 投稿日:04/01/22 23:45
>>28

そうですか
わたしにはきこえませんでしたが

もしかして 三億円の かくしばか 

84 :詠み人知らず:04/01/24 13:00

不忠刑務所に地下鉄なんてないよ




85 :詠み人知らず:04/01/24 13:06
32 名前:詠み人知らず[] 投稿日:04/01/22 23:48
>>31
私の先輩が府中につとめてましてね。
いつもそれをいつてました。
横浜刑にも先輩がつとめてゐるのですが、
横浜刑も地下鉄だがが走つてて、
夜寝てると悲しくなるらしいですよ。

86 :詠み人知らず:04/01/24 13:25
>>84 不忠刑務所に地下鉄なんてないよ
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/futyukeimusyo.html

たしかに この刑務所には地下鉄はありません


87 :詠み人知らず:04/01/24 13:27
刑務所五訓

・はいという素直な心

・すみませんという反省の心

・おかげさまという謙虚な心

・させて頂きますという奉仕の心

・ありがとうという感謝の心

 



88 :詠み人知らず:04/01/24 14:21
府中刑には南武線だか武蔵野線だがが通っているのよね。
それが夜や休憩中に聞こえてくると悲しくなるね。


きすすきの 今日の向きあり形あり


#これは俺の先輩が府中刑務所で詠んだ句なんだけど、きっと俳句の先達が見れば
なんてことのない句なんだろうが、この句は刑務所という空間のなかでみつける躍動
感の句です。
毎日単調で何のへんてつもない暮らしだけども、しかし庭のすすきは風になびいて毎
日姿を変える。単調で退屈な生活のなかで希望を見出した句だね。
いい句だと思う。

89 :詠み人知らず:04/01/24 16:01

おつとめ ごくろうに ござんす

下着洗面グそのた いちおう よういして おります




90 :詠み人知らず:04/01/24 16:03

このすれにも ろうなぬしが おりますが

いちおう ごあいさつを



91 :詠み人知らず:04/01/24 20:03

やかましい きょうからおれが ろうなぬし いまのなぬしは ぶっころしたぜ

#つい 893に会話を盗み聞きしました ぶっ壊れたろう名主様

92 :詠み人知らず:04/01/24 20:32
>>府中刑には南武線だか武蔵野線だがが通っているのよね。

地下鉄の音はまたちがうぜよ
あたまに響いてくるんだよ
まだ修行がたりないぜ




93 :詠み人知らず:04/01/25 23:57
                   `'''ヾー`: . :. :: : :ヽ
                  . : .: .::::: : ::::::_::;_,,、-; 〉
                . : .:.::::::;;;,、‐'~ ̄、~−`‐、/
               . : .:.:::::::::,、-""  ,、‐"',、‐-、 `ヽ、       
           . : .:.:::::::::,、‐"/    / / / 人=‐-、、ヽ、
\        . : .:.:::::::::/ /    / //  //;、-‐-、、 ;i,    
  \    . : . :.:.:.:::;:イ /  ,/ ;/ / /   ///;>ー、ヾ ; i
  ゞ\  . : .:.::::::.//  //   / /  //;;r'"´  'ヾ; ;:i,    
 ,;彡  \. : :.::,-"//  /    ,/ /   ;:/,/      リ, i   
 'リ 人 ;;`ー;"/   /    ノ/; ;/ ; ,:,:  ;/       ,;'i| |     
 从' ノ,      ii_       / /; ;  ,/      ,、'",ノ;i, i
  ノ ''リi ,、从ヾ〈i!ヽ,  ノ ,、‐イi / ; ://;'`"'`'‐  ∠テ、|;. i
  ノ' i! | 人, ミj 'i! .:;;ゞ,、,_彡";リ / // /;'。;テ'ゝ   :.``゛i'; ノ
   ノ! リi、‐从ゞ ノ;、 ;" ;!;  ;;i /  / //'```゛    ::. iリ从
  ,、‐' ii!'' jノリイ !O‐c-ヘ; ノ!;; ///'             yリ!
-'`   ',、‐' ;i i!'`  ヽヽ,..::ヽ. リノ /'"         -、 _/
       ノ; ;、  `; ヽ,.:::ヽ、i!リ         _,、ラ
          `;、   ヽ::::::`‐、        ‐=二:シ’ うちの刑務所に引っ張ってこ
          / '!,     ヽ; . :.:..>‐、_     / ようとしたんですけどね〜(藁
          /.:::.ヽ、   ヽ/;;;1   ゛' ‐-‐'"  
          i;::、 ;\    `ーン'  
          .i;::::ヽ, ;::...ヽ、..:.:/ 
           i.:.: .::;;i:::::...  ̄1
         i.:.: ...: ;;;;i:::..:.:.:... ノ


94 :詠み人知らず:04/01/31 12:15
>>77

キタの特効兵は、用済みになれば上官が射殺する。
映画『実尾島』では上官から訓練兵すべてを射殺するよう命令が下され、
これを知った訓練兵たちが反乱を起こしたこと描写されている。

キム氏は「訓練兵たちが死刑囚や無期囚として描写されている映画とは異なり、
実際にはスリ、靴磨き、トラック運転手、サーカスの団員ネど、
さまざまな職業を持った人物たちだった」とし、
「実際の訓練レベルは映画の10倍以上厳しかった」と語った。

不忠刑務所よりは1000倍厳しかった?


95 :詠み人知らず:2005/04/29(金) 14:34:23
むしょなればなまけごころの休み場所きょうもくちから 575とは


96 :詠み人知らず:2005/08/03(水) 21:07:52
やくざなればひとのみちからはなれたるこころのはれはのぞむみちなし


97 :詠み人知らず:2005/08/03(水) 21:15:12
なさけなやわがこにいわんこのおれはやくざなれどもながすちあふる

98 :詠み人知らず:2005/11/08(火) 02:15:38
蟲と寝て恨みも悔ひも無き天地

99 :詠み人知らず:2005/11/08(火) 03:46:48
(  人____)
    |ミ/  ー○-○-)    
   (6     (_ _) ) 
   ノ|/ ∴ ノ  3 ノ、   みんなうよ そろそろ寝たら `刑務所よ  
 /   \_____.ノ  ヽ   
/   ,ィ -っ、        ヽ
|  / 、__ う 人  ・ ,.y  i
|    /        ̄ |  |
ヽ、__ノ          ノ  ノ
  |      x    9  /
   |   ヽ、_  _,ノ 彡イ
   |     (U)    |


100 :詠み人知らず:2005/11/08(火) 13:11:20
唯物思想とはかくも淒じ寒風ぞ
凩の吼えて猛るを如何にせむ
祈りすらなき冬砂塵 黙するのみ

101 :長谷川櫂:2005/11/08(火) 13:17:06
お前ら風情に何が分かると言うのか!



102 :櫂長谷川:2005/11/08(火) 13:24:20
↑ 101はどうしようもないバカだな


103 :zzz:2005/11/08(火) 14:30:13
101=102

104 :櫂長谷川:2005/11/08(火) 20:35:15
101=102 =103 

105 :詠み人知らず:2005/11/08(火) 22:27:03
悲しきは熱狂なきままさずかりし武闘で身をば滅ぼししこと

106 :後衛ですが:2005/11/13(日) 01:10:46

仲秋の銅鑼しみじみと遠ざかる

107 :詠み人知らず:2005/11/13(日) 09:56:48
金玉と黄金のクソをあげるから、がまんして!
http://www.nvnetwork.com/screenshot.php?display_type=1&type=22&item_id=19349


108 :詠み人知らず:2006/01/17(火) 04:29:24
雪かきあげ

109 :詠み人知らず:2006/09/01(金) 11:17:38
ばかうたの くそをばらまき あのよへと

110 :後衛ですが:2006/09/01(金) 15:48:36

石磴は埋もれひたすら鰯雲

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)