5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ将棋に比べて囲碁のルールは難いのか?

1 :名無し名人:2006/07/06(木) 21:34:55 ID:7K7d2t+X
ヒカルの碁の囲碁のルールっての見ても全然わからんわ

2 :名無し名人:2006/07/06(木) 22:29:45 ID:Zj99UR9a
・交互に一手ずつ打っていく
・相手の石を隙間無く囲んだら取れる
・盤上に石を出来るだけ沢山置いたほうの勝ち
・同型の反復は禁止

だいたいこれで碁は打てるよ

3 :名無し名人:2006/07/07(金) 15:09:51 ID:RF8BBY+s
ルールは簡単だけど、
知らなきゃならない事はたくさんあるよねえ。
「こんな簡単な死活もわからねーのか」って思われそうで
人とやるのは嫌だ・・・。
入門本には最初、石の取り方が書いてあるけど
プロ(いや、普通でも)の対局見たって、全然石を取ってないし。
いつ終わればいいかさえわからん。


4 :名無し名人:2006/07/07(金) 16:50:52 ID:/JfXhy5E
ゲーム機でもいいから毎日やってると分かってくるよ。
終局はコンピュータ側に判断させればいいし。

詰め碁をやれば自然と終局のタイミングも、石を取ること自体は重要ではないことも分かってくる。

でも人に教わったり人の対局を見るのが一番勉強になる。

5 :名無し名人:2006/07/07(金) 23:16:13 ID:mlOrP+kj
ルールが難しいというかあまりにも自由度が高すぎて何して良いのかサッパリわからない。
将棋みたいに駒の動きが決まっててそれを駆使して相手の王を捕りに行くって初心者にも大体はイメージできるんだが
ただただ領地を確保しろって言われても、何からとっかっかて良いのか分からない

6 :俺も初心者:2006/07/08(土) 01:03:03 ID:93ZCWnoB
将棋が個性派ぞろいの小部隊による戦闘とすれば、囲碁は一国のリーダーの戦略だから、発想の仕方が全然違うのは確かだねぇ。

俺の場合、ゲーム機のCPU対戦から入ったので、戦いになるまでマネ碁とか、最強CPUに9子置かせてもらって守りきれば勝ち、みたいな人間相手だとアキレられるような事をしながら「なんとなく」分かった。

間違い無いのは、ゲーム機にしろ対人にしろ弱い人と互い先よりは、9子置いてでも強い人とやった方が伸びる。

強いCPU相手に置き石減らしていくのは今思えばいい練習な気がする。
初心者には9路ってのも本当っぽい。

地味だけど、詰め碁とNHK杯観戦も分からないなりに続ければ力がつく。

7 :名無し名人:2006/07/08(土) 07:26:44 ID:ihlvU3++
9路盤は難しい、11路盤なら一角に定石が出来るので簡単。

8 :KingOfUniverse ◆667la1PjK2 :2006/07/08(土) 07:53:02 ID:iZ7viQqi
囲碁で、(1,2)の点と(2,1)の点に白石が置いてある。(2,2)には黒石も白石も置いていない。
さて、他の部分の配石がどうでも黒石を(1,1)に打てないということはすぐに分かるだろう。
ところで、白石も(1,1)に打てないのだ。どういうときにそれは起こるか?

9 :名無し名人:2006/07/08(土) 08:11:13 ID:fyQmY77m
8が見えない

10 :名無し名人:2006/07/08(土) 08:18:00 ID:LQPkEyGp
なぜ卓球に比べて野球のルールは難しいのか。
なぜ卵かけご飯に比べてカレーの作り方は難しいのか。

この答えがわかれば、わかるんじゃないかな。

11 :名無し名人:2006/07/08(土) 08:18:48 ID:93ZCWnoB
talk:>>8
頼むからこれで正解とかナシで
もし正解なら初心者スレだからってナメ過ぎ

※一二三四五六七八九
01┌@○┬┬┬┬┬┐
02●┼┼┼┼┼┼┼┤
03○┼┼┼┼┼┼┼┤
04├┼┼┼┼┼┼┼┤
05├┼┼┼┼┼┼┼┤
06├┼┼┼┼┼┼┼┤
07├┼┼┼┼┼┼┼┤
08├┼┼┼┼┼┼┼┤
09└┴┴┴┴┴┴┴┘


12 :KingOfUniverse ◆667la1PjK2 :2006/07/08(土) 08:33:41 ID:iZ7viQqi
talk:>>11 どういう意味だ?

13 :KingOfUniverse ◆667la1PjK2 :2006/07/08(土) 12:10:06 ID:iZ7viQqi
要するに、こういうことだ。囲碁は、石を空点に打つルールがある。
○○┬
○┼┼
├┼┼

14 :名無し名人:2006/07/08(土) 12:25:58 ID:93ZCWnoB
所用時間3時間半で棋力36級の問題です

15 :名無し名人:2006/07/08(土) 12:51:16 ID:ow2/tt00
このすれの95%はtalk:タンでできています

16 :名無し名人:2006/07/08(土) 13:29:41 ID:y8v82Xi0
>>12,13
結論としては囲碁のルールは将棋より簡単で,
囲碁は将棋より自由度が高いということでご了承いただけましたか?

あ,>>1 か.すまそ.



17 :名無し名人:2006/07/08(土) 16:38:02 ID:QBpIq3lq
>>8 こういう状況だろ

┌○●┬
○●●┼
●●┼┼
├┼┼┼

18 :名無し名人:2006/07/08(土) 19:34:22 ID:IMPSYYEB
囲碁って石を5つ並べたら勝ちでしょ?

19 :KingOfUniverse ◆667la1PjK2 :2006/07/08(土) 20:18:23 ID:iZ7viQqi
talk:>>17 (2,2)に黒石があるが。

20 :名無し名人:2006/07/08(土) 20:53:42 ID:eonji+q6
19が見えない

21 :名無し名人:2006/07/08(土) 23:02:38 ID:QBpIq3lq
>>19
  >>8の「白石も(1,1)に打てないのだ」の「打てない」ってのは、純粋にルール上の話じゃないの?
ルール上は打てない時なんて無いんじゃないの?

22 :名無し名人:2006/07/08(土) 23:22:32 ID:nyH5Dbw6
糞コテは一歩だけで勘弁して

23 :名無し名人:2006/07/09(日) 01:41:55 ID:ZXc0xym+
序盤の布石がイメージ出来ないって流れなのに、なんでモヤッと感いっぱいのIQサプリが出てくるんだ?

24 :名無し名人:2006/07/14(金) 03:13:43 ID:Q74FMt7u


25 :名無し名人:2006/07/26(水) 04:23:45 ID:Fk9dTdjI


26 :名無し名人:2006/07/29(土) 23:39:30 ID:mQbKwbrV
囲碁はどうやって終わるんだ?

27 :名無し名人:2006/07/30(日) 03:19:08 ID:kWYA3JMS
もう20年ほどして競技人口が1/3になったらたぶん

28 :名無し名人:2006/07/30(日) 03:49:11 ID:+sEOv6Xe
囲碁って時間かかるから年寄り向けのゲームだよな

29 :名無し名人:2006/07/30(日) 23:10:54 ID:7jY6xCHJ
囲碁のルールは公理主義数学の公理みたいなもんだな。
最低限のルール(公理)から全ての定理(定石)は必然的に導き出される。
囲碁も公理主義体系の一つと考えるなら、不完全性定理があてはまるのかな。つまり、囲碁の完全解析は論理的には不可能だ、と。

30 :名無し名人:2006/07/31(月) 00:26:57 ID:+jVbwqqS
>>8
(2,2)がダメ空きのセキであってますか?
白が(1,1)に打てばダメヅマリでセキが崩れますね。

31 :名無し名人:2006/07/31(月) 00:32:12 ID:BaYqGVDe
>>8の問題の解答>>13に思わずすっきりしてしまった件について。

32 :名無し名人:2006/07/31(月) 01:07:53 ID:0TiqZsn0
>>29
囲碁は二人零和有限確定完全情報ゲームだから解析可能(だけど物理的に不可能)
以下のどれかが必ず成立する
・黒番必勝
・白番必勝
・双方最善ならば反復同型の無勝負

33 :名無し名人:2006/07/31(月) 01:10:17 ID:0TiqZsn0
囲碁より将棋が難しい件について
囲碁は相手より地が多くなるように打てばいいけど将棋はどういう方針で打てばいいの?

34 :名無し名人:2006/07/31(月) 22:16:17 ID:kjdbG0fN
相手より先に、相手の王を詰めるように指せばいいんじゃないか?
将棋は駒動かし方すら覚えられず挫折したオレが言うのもなんだが。

35 :名無し名人:2006/07/31(月) 22:47:44 ID:0TiqZsn0
>>34
王を詰めたことがない
とりあえず闇雲に責めていくが先に詰まれる
守っててもなぜか詰まれる
1度も勝てずに挫折したよ

36 :名無し名人:2006/08/01(火) 00:43:52 ID:AmKdFOJk
囲碁って石を5つ並べたら勝ちだよね?

37 :名無し名人:2006/08/08(火) 02:01:08 ID:UANHJPNv
king氏ね

38 :KingOfUniverse ◆667la1PjK2 :2006/08/08(火) 02:12:37 ID:vkA1IlwQ
talk:>37 人の脳を読む能力を悪用する奴を潰せと書いたのに何故そうなる?

人の脳を読む能力を悪用する奴を潰せ。

39 :名無し名人:2006/08/08(火) 15:28:46 ID:UANHJPNv
自分のことくらい自分でやれ
人に自分の都合のいいように命令してる奴なんて
氏ね

40 :KingOfUniverse ◆667la1PjK2 :2006/08/09(水) 00:32:24 ID:Iq55E5dQ
人の脳を読む能力を悪用する奴を潰せ。

41 :名無し名人:2006/08/09(水) 00:34:11 ID:vvMgDcGx
>>40が見えない

42 :KingOfUniverse ◆667la1PjK2 :2006/08/09(水) 00:36:46 ID:Iq55E5dQ
人の脳を読む能力を悪用する奴を潰せ。

43 :名無し名人:2006/08/11(金) 12:09:49 ID:cOVv7Ril
何この人アホなの?風が吹いたからやった、みたいだ。

44 :KingOfUniverse ◆667la1PjK2 :2006/08/11(金) 21:26:08 ID:Q+D7sGKf
人の脳を読む能力を悪用する奴を潰せ。

45 :名無し名人:2006/08/12(土) 22:49:21 ID:8ZdQ4KkR
囲碁のセンセは、
感想戦でも「わからんわからん」ばっかり言うとるじゃないか。
それが嫌じゃ。
座標よまずに、ソコだのココだの言って。
棋譜もコウとりがややこしい。
もう、嫌じゃ。

46 :名無し名人:2006/08/18(金) 00:08:30 ID:4+RdtA/K
>>45
囲碁はゲームの目的がかなり漠然としているので
特に序盤ははっきりとした悪手でなければ
「どう打っても1局」
とかなりファジーな面もある

将棋の場合ゲームの目的がはっきりとしており
1手間違えたらバランスが崩れて終わりって場合があるから
その辺は囲碁よりはっきりしている傾向がある


47 :名無し名人:2006/08/27(日) 17:22:17 ID:G7Jc/Mdd
囲碁の棋譜って頭の中で並べるのって相当鍛錬がいりそうだ

48 :名無し名人:2006/08/28(月) 20:28:09 ID:3/0tOglM
>>47
頭の中で棋譜ならべを出来る人はいますが
目隠し碁を出来る人はトッププロを含めても
一人もいません

49 :名無し名人:2006/10/30(月) 01:14:17 ID:FGoe5dpe


50 :名無し名人:2007/01/15(月) 11:10:36 ID:Ty/2xZG8
時間の長さに問題があるような気がするのですが
具体的に将棋と囲碁って
最短〜最長でどのくらいかかるもんなんでしょうか?
プロのじゃなくて趣味でやってる領域で考えて

51 :名無し名人:2007/01/15(月) 12:08:16 ID:yV+scv/b
将棋の方が難しいだろwwww

ルールなら囲碁の方が分かりやすい。

52 :名無し名人:2007/01/15(月) 13:18:28 ID:xaAwuojI
囲碁のルールは分かりやすいといっても、勘違いして覚えてる奴が有段者になってもいる。
具体的には、石をたくさん取ったら勝ちとか、コウをぶち抜いたら勝ちとか。
そういう奴に碁の指導をする時言う事はひとつ、「まずルールから覚えなおせ。」これだけだな。

53 :名無し名人:2007/01/15(月) 13:57:04 ID:s7R0mSZZ
>>50
それは状況によるだろ。
碁でも合宿で細かい勝負でヨセを読み合って6時間かかったこともある。
ただ、囲碁部と将棋部の合同合宿では、将棋の方が一局の平均時間は長かったな。
囲碁では一旦ある程度以上の優位を築けばあとはサラサラと終れるが、
将棋では優位になっても一手間違うとすぐ頓死しちゃうから確認に時間を食う。

54 :名無し名人:2007/01/15(月) 18:49:49 ID:dxk3Hm9B
まあ皆が難しいっていうから囲碁のルールは
分かりにくいんだろうけど面白いからやってみろ
としか言えないな

ちなみ俺は学生の頃まわりが将棋ばかりやってたから
囲碁を始めた。特に難しいとは感じなかったな
最初は9路盤で適当に遊んでたのが良かったのかもしれん

55 :名無し名人:2007/01/15(月) 19:28:40 ID:PVWF49yt
>>52
ちょwwwそれで有段者ってwww

56 :名無し名人:2007/01/16(火) 08:32:55 ID:Rgd5JCCz
子供教室のぞいたことがあるけど、アタリを理解させるのが意外とむつかしい。
一緒に来たおかぁさんと一緒に連碁打たせてみると、ほとんど全員アタリが
理解できていなかった。

57 :名無し名人:2007/01/16(火) 16:39:13 ID:5WgEbZi3
あれれ、良いのかな?石を取られちゃうよ〜?みたいな

58 :名無し名人:2007/01/29(月) 01:14:11 ID:wYZkOUtb
囲碁を教える人は「囲碁は簡単」というフレーズをハズすべきだと思う
まぁ、子供に教える時は仕方ないけどさ。ちゃとした大人に教えるときはしっかりと
「入門するのが一番難しい、しかしあとはめっちゃ楽しい遊技」と言うべきだ

難しい理由は囲碁の「石取りゲーム」という側面と「面積の取り合い」という「二元性」が初めはなかなか理解出来ない為だ。
後者の為の石取りゲームなのだが、ほとんどの解説はまず「石取りゲーム」という方向のみ力を入れて教える傾向があると思う

あくまで面積の取り合い、しかしその目的に対する手段としての石の取り合い、そしてその方法として
色々な布石、構え、等々……石の組み合わせによる意味が生じる。

初心者に「ルールは簡単ですよ。どこからでも自由に打って良いのです。碁は自由な遊技です」なんて教え方はかえって不親切。
子供には仕方ないけど、ある程度理解力が付いてからはちゃんと碁の基本コンセプトから論理的に「何をしている」
「何を求めて、このようなことをやっている」と教えないと初心者には理解不能。

若い頃碁を覚えた人は、あまりにも子供の頃覚えたため始めたときの記憶が曖昧というのともう一つ、碁の覚え方の一つとして
「よく分からないままにとにかく打ってみる」という経験則的な入門方法が使われていたため、碁を打つかなりの人が全く碁を知らない人に
ロジカルに碁を説明する事が出来ないのだと思う

59 :名無し名人:2007/01/29(月) 02:09:39 ID:gDnk51EL
ルール自体は5分ありゃ教えられるけど、
まともに打てるようになるには、2ヶ月3ヶ月かかるからな。

60 :名無し名人:2007/01/29(月) 02:45:39 ID:XMDzF8s/
囲碁は簡単かと聞かれたら考えるが少なくともルールは将棋よりよっぽど簡単だ。これが分からないやつはそもそも将棋のルール知らないんじゃないの?

61 :名無し名人:2007/01/29(月) 03:43:32 ID:Nz+mddjL
>>58
俺は中1で始めたけど石取りゲームから教わらなかった。
まず地を多く取ったほうが勝ちと教わって、その後囲まれると石が取られることを教わった。
一番初めは中央を境に黒石と白石で境界線を作り、これで終局しました。黒と白はどっちが勝ってますか?って
もちろん打ち込んで生きればそこは相手の地になることもその後教わったけど。
その後生き死にと眼を教わって、コウを教わって、シチョウを教わって、
そっから9子置きで実践。
その場でよく理解できなくても簡単なルールをその都度教わりながら、
初めてで実践→終局までの流れを掴んだおかげで、
その後家で碁の入門書を1人で読んでも全部簡単に理解できた記憶がある。
俺も後輩に教える時はそうやって教えたら皆すぐ理解したよ。
ルール自体は簡単で、要は教え方だと思う。

62 :名無し名人:2007/01/29(月) 17:37:36 ID:ZMa3aawB
子供たちが五目並べからすぐに囲連星をやれば囲碁に入りやすそうだけどね
ただし1つだけ問題があるのは囲連星の存在に気付かないことか

五目並べから囲碁は遠そうなきがします。

63 :名無し名人:2007/01/30(火) 00:06:48 ID:yQ1a79No
俺は小学生の時学校で習ったが、曲がり4目は勿論、セキ、コウ等の細かいルールも教えていなかった。
延々とコウの取り返しをやってる友達がいて面白かった。

64 :名無し名人:2007/01/30(火) 00:43:07 ID:riGqiFCi
>>61
いい人に教わったと思う
会社辞めて独立するって人が「ビジネス書に囲碁と経営は通ずるものがある、って書いてあるから教えろ」って言うから教えたけど、石を囲むって先入観があるからいくら教えても上達しなかった
まぁこの人の場合邪念ありすぎなんだが、現在彼のビジネスは「つぶれちゃったね」って感じになってる

65 :名無し名人:2007/01/30(火) 01:23:15 ID:yMHjfnox
通じるものがあったのかな悪い意味で

66 :名無し名人:2007/01/30(火) 09:08:24 ID:2s2eogUk
自分の石が殺されないように打ってると自然に地ができるので、
その人は理解云々より攻撃的で自分が殺される可能性を読まない人なんじゃないかと思う


67 :名無し名人:2007/01/30(火) 12:48:16 ID:6n8jt1Y8
個人的にはバランスとメリハリが大事と思ってる。
スレタイに関してはノーコメットさん

68 :名無し名人:2007/01/31(水) 18:54:02 ID:g1xQ5Rs2
9路盤で有段者に教われば囲碁のほうがルールは簡単。小学生の子供は囲碁が
簡単で次がチェス、将棋が一番難しいと言う。

69 :名無し名人:2007/01/31(水) 19:11:01 ID:XN781kqe
子供が九路盤でやることは石取りゲームだからねぇ……
そこから「囲碁」への飛躍でかなり脱落する。
将棋は難しいのかな? 少なくとも囲碁が出来る子供と将棋が指せる子供じゃ
後者が全然多いよ

70 :名無し名人:2007/01/31(水) 20:45:58 ID:tLFArEqS
そこでオセロですよ。まあ戦略教えるのは大変だけど
将棋は勝ち方の分かりやすさではオセロ以上なのかな。

71 :名無し名人:2007/02/01(木) 00:24:26 ID:VFXvpDoc
先週、中古で買ったGBAのヒカルの碁で、囲碁のルール覚えてる最中なんだけど、
整地の仕方とかが今一理解出来ない。ゲーム内の対戦相手に「もう、そろそろ終わりだよね」
とか言われて、初めて終われる。

72 :名無し名人:2007/02/01(木) 00:27:03 ID:VFXvpDoc
ちなみに、将棋のルールは100円ショップで買った駒のケース裏に書いてる、
小さなルール説明だけで理解できた。

73 :名無し名人:2007/02/01(木) 02:57:38 ID:kpzRQhj7
スタートボタン→終局、で終局。整地は勝手にやってくれる。
終局するタイミングはこれ以上打っても得にならない時。

具体的に言うと、自分の地に打つと地が一目へって損。
相手の地に打っても到底生きそうにないので、終局時に
取られて一目損という状況。

GBAのヒカ碁は一人でする囲碁入門には最適だと思うガンガレ。

74 :名無し名人:2007/02/01(木) 23:59:29 ID:HCeS683z
碁は相手の石を取るという如何にも「してやったり!」なはずの行為が実は
大したことでなかったり、「あたり!」が「王手!」程の迫力がなかったり、
ってところが致命的なまでに未経験者にはとっつきづらい。
やはり特別ルールでも考案してある手順である手を打つと2眼あっても
大石が一瞬にして取られてしまうようなドラマティックな展開が欲しい。

75 :名無し名人:2007/02/02(金) 00:42:04 ID:QC6wUXLi
>>74
余計ややこしくなってないか?

石の取り合いから理解しようとすると囲碁は分かりづらくなる
地の取り合いの概念からいった方がまだ理解しやすいと思う

囲碁には王手みたいな決定的な手はないけど、一手でその近辺の石が全滅したりすることはある
しかも将棋だったら死んだらそれまで(取られる)だけど囲碁は死んだハズの石が復活したりすることがある
この非常な戦略の多さが囲碁の魅力の一つであり、分かり辛さの原因でもあると思う

76 :名無し名人:2007/02/02(金) 00:47:08 ID:w5Rmfg8c
死んだのが復活って、将棋でもあるんじゃね。
飛車囲ったけど、逃げ道上手く作られたとか

77 :名無し名人:2007/02/02(金) 01:09:18 ID:5MNZj9eD
>>75
あーいや、理解と言うよりも単純に一般の人から見て
「相手の石を取る」行為と「地を確保する」行為のどちらに面白みを感じるか?
って考えるとやっぱチマチマ地を確保するんじゃ地味すぎて魅力的には映らないんじゃない?
ってことよ。
ゲームとしての面白みにインパクトがないとやっぱ普及には厳しいかと。

78 :名無し名人:2007/02/02(金) 01:14:50 ID:5MNZj9eD
あと今ふと思ったのだが、将棋だと
 ▲7六歩 ▽3四歩 ▲6八銀!
みたいな笑いを取れる展開があるじゃん?
ヘボはヘボなりにこう言う笑いを取れる要素もゲームとしては結構重要かと。

79 :名無し名人:2007/02/02(金) 01:25:39 ID:QC6wUXLi
>>77
うーん、多分最初はみんなそう感じるんだよね
囲碁が初めて考えられた時はやっぱりどっかの地面に石を並べて石の取り合いから始めたと思う

ただ囲碁が囲碁である素晴らしい可能性を備えたのは、石取りゲームに地の取り合いを融合させたからなんだ
石の取り合いは確かに初めは面白いんだけど、そこで終わっちゃう
囲碁の楽しさはやはり地の取り合いと石取りゲームが融合したところにあるのだし……

確かに一般人に「地を確保する」って言ってもピンとこないだろうし
あまりアピールしないような気もする。

だけどそれが楽しい。伝え辛いのが非常にもどかしくはある


80 :名無し名人:2007/02/02(金) 01:36:19 ID:6P+ROue0
なんか1つだけ難しいルールがあるそうだね。
それをやり出すと手数が長くなるんで死んだことにするとか聞いたことあるけど。

81 :名無し名人:2007/02/02(金) 01:43:33 ID:upUkdqz1
囲碁は戦争だろ。攻め合いながらより多くの地を占領したほうの勝ち。
優先的に攻める順位があり、綿密な計算が必要。
相手の弱い石を攻めながら自らの地を固めていく。
敵陣に乗り込み援軍を送りつつ見事に根拠を作ったり出来るのも醍醐味。
囲碁ほど面白いゲームなど存在しない。囲碁の可能性は無限だ。

82 :名無し名人:2007/02/02(金) 02:06:44 ID:xxXaFPia
六段くらいになると囲碁の限りなく無限に近い可能性が実感できるようになるけど
普通そこまで到達できないこのゲームは何かありそうだという直感が働く人しか続けることはできないだろう
ましてや初心者に普及させる解りやすい魅力があるかといえばないような希ガス

83 :名無し名人:2007/02/02(金) 02:22:36 ID:QC6wUXLi
>>82
そかなぁ。私は将棋から来たからかもしれないけど
初めてすぐ囲碁のあり得ないほど豊饒な可能性は理解できたよ
あっちはかなり定石がガチガチでねぇ(研究がここ十年で革命的に進んだということもあるけど)……
最善手を目指すと数十手先が決まってしまう。

囲碁は本当に素晴らしく可能性に満ちたエキサイティングな遊戯だけど
とにかく『初心者』に分かりづらい

84 :名無し名人:2007/02/02(金) 02:34:57 ID:xxXaFPia
多分それは可能性を直感したに過ぎない
可能性を利用できるようになるには一つの分厚い壁がある

85 :名無し名人:2007/02/02(金) 02:39:18 ID:ZHTWrnIl
自由度の高さは魅力だよな。
ゲームは熟練に従って個性が消えていくものだが
現在はトップクラスの打ち手もいろいろな趣向ができる。



86 :名無し名人:2007/02/02(金) 03:14:32 ID:xxXaFPia
普通の碁打ちが一生掛けてもそこに到達できない理由のひとつ
自由度に相反する確定度を増す事でしか勝ちが見えないから

87 :名無し名人:2007/02/02(金) 04:17:18 ID:xxXaFPia
模様や確定地の話ではないとにかく碁っていうゲームの深遠さは一線を越えて浮かれてる俺が保障する

88 :名無し名人:2007/02/02(金) 04:37:03 ID:KINUbaew
>>79
五目並べと石取りゲームが融合したら面白くなったりしないか?

89 :名無し名人:2007/02/02(金) 04:40:21 ID:0PeZed2M
>普通そこまで到達できないこのゲームは何かありそうだという
>直感が働く人しか続けることはできないだろう
自分より遥かに強い人が居るということは
「このゲームには何か自分の知らないものがある」
ということは分かると思うけどね。

どこに打ったら良いか分からないというのも
囲碁が将棋やチェスやオセロより格段に自由なゲームであることの裏返しだし。

90 :名無し名人:2007/02/02(金) 09:44:53 ID:tcaViURG
>>80
なんだそれ?隅の曲がり四目?

91 :名無し名人:2007/02/02(金) 10:47:59 ID:illToO73
みんな、何歳ぐらいから囲碁やってたの?

92 :名無し名人:2007/02/02(金) 11:18:08 ID:XUvNkURB
45くらいかな

93 :名無し名人:2007/02/02(金) 11:25:41 ID:ZB+ojceP
>「このゲームには何か自分の知らないものがある」

普通ゲームで楽しむのにこんなこと考えないよ。
やって面白いか面白くないか、これが最優先。

94 :名無し名人:2007/02/02(金) 11:27:35 ID:ZB+ojceP
因に囲碁将棋を始めた理由
 将棋:札幌のデパートの将棋祭に来ていた中井ママンがいい匂いしたから
 囲碁:テレビでカナたんが司会してたから

95 :名無し名人:2007/02/02(金) 17:18:54 ID:0PeZed2M
きちんと対局とかしだしたのは中学二年くらいからだなあ、
ルールはもう少し前から知ってたけどその頃はクソゲーだとしか思ってなかったw

96 :名無し名人:2007/02/02(金) 20:38:44 ID:6P+ROue0
>>90
なんかそんな名前だったかな。隅だったことは確か。
囲碁のルールは単純だけど、これだけは例外的にこの局面になったら適用されるとかだったかな。

97 :名無し名人:2007/02/02(金) 23:56:08 ID:tcaViURG
>>96
じゃあ多分曲がり四目だな。
級位者が普通に打つ分にはまず知らなくていいけどね。
日本ルールでだけだし。

Aから仕掛けると、取られてしまうが、Bから仕掛けると、コウになる形。
Bの方が有利なんで、Aの無条件死という取り決め。

98 :名無し名人:2007/02/03(土) 00:16:32 ID:eMyLnxiT
中国ルールでも曲がり四目は死にのはず。

99 :名無し名人:2007/02/03(土) 00:40:44 ID:Cq1PwmhJ
ここで「曲がり四目」の話をしたら囲碁入門者がますますいなくなるよ〜
終局時にコウ材が無い事が前提になると思うのにあっても無条件死って
言われても納得できんよなぁ。

100 :名無し名人:2007/02/03(土) 00:54:02 ID:otJlqM3p
中国ルールなら何も問題無いが
日本のルールで取るところまでやると局面によってかなり誤差が出る
無常件死という人為的なルールを導入しないと難しいことになる。

101 :名無し名人:2007/02/03(土) 02:20:18 ID:hXgSkieV
大人はエロが入ると、突然素晴らしい能力を発揮する
難しいと思われていたパソコンもエロの為ならマスターする。
マスターしてマスター○○する。実に理にかなっている

そう言う方向で、囲碁をマスターさせられないだろうか?
名付けて「馬さんの鼻面にニンジン計画」

102 :名無し名人:2007/02/03(土) 03:01:37 ID:sQZjDsrD
昔某プロに聞いたら
死んでる石を取れるもんなら取ってみろって言ってダメをつめさせて取らせる人は居ないですよね?
曲がり四目も取れるものなら取ってみろと言えば取る側の取り番のコウなのでコウ材を全部潰してしかければ確実に取れるんです
つまり曲がり四目はダメつめがコウ材潰しになるだけで手を掛ければ確実に取れるので死んでるのと理屈は同じなのでコウ材を潰させることはできない
と聞いてえらく納得した記憶がある

103 :名無し名人:2007/02/03(土) 03:03:14 ID:eMyLnxiT
もっと言うとどうして死に石は駄目を詰めてアタリにしなくても
盤上から取り除いてアゲハマとして相手の地を埋めても良いのか、ということになる。
>>99みたいに曲がり四目だけ特に難しいということはないと思う。

というかコウ材の数とかはあまり関係なくて、基本的に周りの包囲している石が
活きていたら良し、だったと思うけど>>99はなんか妙な事言ってないか。
二眼無くて攻め合いになりそうなときだけだろ。コウ材が関係してくるのって。

104 :名無し名人:2007/02/03(土) 05:05:26 ID:VwZqcZI0
もうニュージーランドルールでいいよ

105 :名無し名人:2007/02/03(土) 10:49:43 ID:wcl9bGtq
セキとかの消せないコウ材のことを言ってるんだろ。

確かに曲がり四目は引っかかる奴は引っかかるんだけど、こういうことが気になるタイプは結局ルールぐらい自力で理解してしまう気がする。

106 :名無し名人:2007/02/03(土) 12:51:44 ID:FJx/W1kE
死活確認ではコウが取り返せないのが
日本ルールでいいんでね。

107 :名無し名人:2007/02/03(土) 14:05:05 ID:bxdCmcqW
>>99だけど碁会所でレッスンプロに星目なら勝てるよ。超初心者じゃないよ。
ルール覚えた頃の疑問を書いただけだよ。言いたい事は入門の段階では、別に知らなくてもい
いって事だよ。


108 :名無し名人:2007/02/03(土) 23:54:54 ID:DnQMi3Bh
解説聞いてると「○○コウ」って多すぎて何がなんだかわからん

109 :名無し名人:2007/02/03(土) 23:58:59 ID:lam8B2/4
コウ材が関係してくるのは両コウゼキとかだけでしょ?
こういうことが気になるということはルールは既に十分理解しているってことだよ。
>>105に同意。

110 :名無し名人:2007/02/04(日) 00:03:24 ID:E1+B26Kc
>>81
戦争のイメージならやっぱ将棋の方じゃないか?
敵陣に乗り込むのだって飛車とか角が飛び込んで裏返しになる方が迫力あるし。
碁はどちらかと言うと地味なおしくらまんじゅうって気がする。

111 :名無し名人:2007/02/04(日) 00:04:10 ID:ncANGFkp
>>109
はなみコウ とか 一手よせコウ とかがわかんない

112 :名無し名人:2007/02/04(日) 00:06:26 ID:ncANGFkp
>>110
囲碁はラグビーに似ていると思うんだがそう感じるのは俺だけかな?

113 :名無し名人:2007/02/04(日) 00:15:23 ID:JFJ1BmbZ
コウ(漢字では劫)の分類

・本コウ(以下の特殊な形じゃない普通のコウの事)

・ヨセコウ
(一手ヨセコウ、二手ヨセコウ、三手ヨセコウ、…)

・多段コウ
(ほとんどが二段コウだけどたまーに三段コウも。
最近のタイトル戦(05年か06年の名人戦だったかな?)でも出来た。
四段コウってのは理論的にはあり得る気もするけど想像がつかない。)

一応一手ヨセ二段コウみたいなキメラもあるのかな?
あまり聞いたことは無いが。

・両コウ

・万年コウ
ヨセコウと多段コウが混じったようなちょっと変な形のことで、
この形が認識されたのは明治期になってから。

あと同形反復の形のことを循環コウなどと呼ぶこともあるみたい。
コウの形が現れてなくてもこう呼ぶ。
長生(ちょうせい)と呼ぶ形もあるんだけど、これは循環コウの一種なのかな?
ちょっと長生と循環コウの区別については知らないや。
http://game12.2ch.net/test/read.cgi/gamestones/1132409446/325

こんな感じかな。
これだけ整理して理解できるようになったのは有段者になってからだなあ。

http://www5.plala.or.jp/hasebehp/igm/igm_kou.htm
http://mrkigo.sakura.ne.jp/ksikatu/yobi/yobikou.html

114 :名無し名人:2007/02/04(日) 00:25:19 ID:JFJ1BmbZ
>>111
花見コウってのは、たとえばコウにしなかったときとの比較で、
黒はコウに勝ってもほとんど得しないのに
白が勝つとものすごく得するようなコウを、白の花見コウなどと呼ぶ。
黒は必死なのに、白はお花見気分で気楽なコウということ。

要するに「白の花見コウ」と「白圧倒的に有利なコウ」は
ほとんど同義で、形による分類じゃない。

ヨセコウは>>113の一番下のサイトに説明があるので
Javaが動作する環境になればそれを参照。
或いはこことか。
http://tuta.karou.jp/kou.html

長生も普通の循環コウも二子を取り合うという意味では同じだけど
二子を取りあう循環コウが相手の着手をあたかも無視して二子を取り合う
ような進行になるのに長生はホウリコミがある所が違うといえば違うかな。
循環コウは多分ただのコウ以外の同形反復、くらいの意味だと思う。
三路盤の下の形を循環コウと呼んでいる文献もあったし。

┌○★ 
○●┤
└┴●

115 :名無し名人:2007/02/04(日) 00:35:08 ID:ncANGFkp
>>113>>114
さんくす。かなり気合入れて見ないと理解できない。

116 :名無し名人:2007/02/04(日) 00:39:08 ID:E1+B26Kc
>>112
ラグビーかぁ、ちょっとピンとこないなあ。
いや俺がラグビーに興味持てないでいるからなんだけどね。
だってほら、ラグビーって前にパスできないじゃん?
「前にゴールがあって前に攻めて行こうとしているのに前にパスできないなんて
 そんなバカなルールがあってたまるか!」って感じで。
流石に碁の方にはここまで理不尽なルールはないだろうし。

117 :名無し名人:2007/02/04(日) 07:01:50 ID:6Wmdg9re
ボールは後ろにしかパスしてはいけない。
ボール持ってる人にだけタックルできる。
このふたつだけのルールでやった、にせラグビーはめちゃくちゃ面白かった。
現実のラクビーはルールが複雑でおもしろくない。

118 :名無し名人:2007/02/04(日) 10:06:21 ID:w2QnzVYM
戦争って最終的には領土を争うわけだからその意味では囲碁のほうが近いかも
将棋は戦争のなかの一部分というかただの局地戦って感じがする

119 :名無し名人:2007/02/04(日) 21:15:12 ID:ncANGFkp
>>116
例えばスクラムからボールが出たとき、お互いバックスがラインを作っている。
ボールを次々にパスして行くと、相手もそのボールが渡った相手に対して守りを固める。
囲碁ではこれが一間飛び(伸び)に対して相手も一間飛び(伸び)して守るという形に似ている。
伸び=順番にパス 一間飛び=一人飛ばしパス

その後ボールが端っこの人まで渡って、後はサイドライン際をまくって相手をかわせるか
というのは、囲碁では跳ねたりして相手の陣地を荒らしにかかったりしている様子に似ている。

相手のラインに穴を見つけてその間隙を突破するプレーなんかも見かけるが、これは囲碁では
のぞきや割り込みみたいなイメージ。うまく中央突破出来れば成果が得られる。

完全に囲っている相手の陣地に根拠を求めて一手打つのは、ラグビーではハイパントに相当して
うまくハイパントをキャッチ出来ればチャンスが広がり、囲碁では何とか相手の陣地で生き延びる
ことが出来たと考えられる。

囲碁とラグビーの共通点はこんなイメージ

120 :名無し名人:2007/02/04(日) 22:02:21 ID:L4a7xodr
囲碁は○○に似てる、ってのは何にでも言えることだけどな。
碁は人生の縮図とも言うし。

音楽好きは、碁と音楽は似ているって言うし、
絵を描くのが好きな奴は、碁と絵と似ているって言う。

121 :名無し名人:2007/02/05(月) 02:44:43 ID:BhU7w+aj
なんか浅いよ。ラグビーの話
一つ一つの手が、こう例えられる、と言うが
目的を達成することに対する過程が違う。目的も全然違う。
それを払いのけてもっと広い意味で見れば、似てるのだろうが、
それはもう>>120が言うようになんに対しても当てはまる。

122 :名無し名人:2007/02/05(月) 08:19:00 ID:jQrH02Gr
今日のうんこは俺の人生の縮図
みたいなものか

123 :名無し名人:2007/02/05(月) 10:02:17 ID:oET6i0ib
少なくともうんこは間違いなく健康の縮図だぞ?

124 :名無し名人:2007/02/05(月) 23:31:29 ID:BO4DFtHI
わ か っ た か ら 

125 :名無し名人:2007/02/06(火) 00:10:27 ID:xX0/MDZY
似てるっていうなら、私はなんか丸いモノが並んでいたらなんでも囲碁の並びを連想するぞ
それこそテーブルにラーメンが二つ離して載せてあっても
「うーむ、ケイマだ……」と0.1秒ほどつい思ってしまう

なんか並んでいると連想しちゃうんだよ

126 :名無し名人:2007/02/06(火) 00:11:28 ID:gGMzL9l3
バッハを聴きながら棋譜ならべをするとつくづく似ているなと感じる。

127 :名無し名人:2007/02/06(火) 05:33:38 ID:5VUZRNEk
具体的にどんなところが似てるか見えないので却下

128 :名無し名人:2007/02/06(火) 09:44:07 ID:TUsaj4T8
具体的に言えないほど壮大なところ

129 :名無し名人:2007/02/07(水) 02:00:43 ID:M3amHwHt
音符の丸が黒と白があるからじゃね?

130 :名無し名人:2007/02/07(水) 03:14:12 ID:nqUMXHwM
葬式も囲碁も似てるな。白黒だけじゃないぞ。
辛気臭くて線香臭い。
全員小難しい顔して皆正座。最近は椅子も用意されてる。

131 :名無し名人:2007/02/08(木) 09:23:04 ID:M9Vx9WfP
バッハが何となく似ているというのには同意
抽象的な感じが合っていると思う。あとちょい知的な感じもね
鍵盤音楽がなかなかぴったり来ると思う

132 :名無し名人:2007/02/14(水) 22:48:23 ID:J2z0Rw/O
プロの棋戦でタイトルを1つ潰して代わりに
「1年間で通算最も多く地を獲得した」棋士に『大地主』という賞金が最も高額な
タイトルを与えてみたらどうだろう?
中押しは投了した方は無条件で19×19/2だけマイナス、勝った方には
無条件で19×19/2を与える、ってしたら途中で投げる棋士もいなくなって
かなり打ち方も変わってくるのではなかろか?

133 :名無し名人:2007/02/14(水) 22:56:41 ID:kuV5PiTP
>>132
超一流棋士は取れないタイトルだな。


134 :名無し名人:2007/02/14(水) 23:04:50 ID:u4EraF42
>>132
意味を持つのは地の「絶対値」じゃなくて地の「差分」だよ?

135 :名無し名人:2007/02/14(水) 23:11:09 ID:J2z0Rw/O
>>134
でもそれこそが一般には囲碁がチマチマ陰気臭くてつまらなそう、と思わせてる要因じゃないか?
まあ人口スレ見る限り一般に普及させる気のあるやつは殆どいないみたいだから
それでもいいのかも知れんが。

136 :名無し名人:2007/02/15(木) 02:08:13 ID:vg8M+bJj
有り得ないな。碁は麻雀と違って、点数は関係ない。勝敗のみだ。
100目勝ちも半目勝ちも中押しも等しいし、100目負けも半目負けも投了も等しい。

137 :名無し名人:2007/02/15(木) 07:20:22 ID:T90XiTn2
>>78
矢倉戦と間違えて角素抜きされるパターンか。
確かに囲碁にはそういうのないかも。

138 :名無し名人:2007/02/15(木) 07:29:54 ID:T90XiTn2
シチョウとかではめるのは似てるかも。

139 :名無し名人:2007/03/01(木) 12:36:07 ID:afWsXs2g
上級者と初心者がやった場合、

オセロ→最初、大優勢と錯覚、あっというまに逆転全滅。
将棋→ボケっとしてたら王がつんで終了
囲碁→囲った地が一手ごとにぼろぼろ崩れていく。

多分この辺が一番つらいとおもうんだ。

140 :名無し名人:2007/03/03(土) 12:45:03 ID:awSnkryy
>>139
そもそも囲えない希ガス

141 :名無し名人:2007/03/17(土) 08:23:14 ID:f6VLEYCQ
切られないように直線を伸ばしていくとなぜか目がない。くらい?

逃げていくと白石があるのはお約束。

142 :名無し名人:2007/03/30(金) 19:07:44 ID:CUE4arim
>>140
うん。将棋やチェスはまだ少しは形になるかもしれないけど、
碁ばっかりは初心者はまず「全滅」に近い状態にされるからね。
上手の機嫌が悪いと全滅に近いどころか、マジで全滅する

143 :名無し名人:2007/04/01(日) 19:17:09 ID:stTy9FI1
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110439321

144 :名無し名人:2007/04/03(火) 00:29:37 ID:s4MgM8nw
>>142
ごめんなさい

145 :名無し名人:2007/04/03(火) 03:31:23 ID:1mlb7zKH
将棋だって初心者と上級者がやれば圧倒的な差がつく
やろうと思えばと金作って相手の駒全部取ることもできる

146 :名無し名人:2007/04/05(木) 21:35:25 ID:xUYrm3ki
うーん、だけど碁だったら『初めて』の人とやるとまず絶対確実に全滅しちゃうよね。
そんなたいした棋力も必要ない。石かなり置いても数ヶ月やっていれば『初心者』さんの石は全滅されられる。
将棋もまぁ、やろうと思えば全滅いけるかもだけど本当に一生懸命考えたら
少なくともある程度『読める』のが将棋だと思う。
判りやすいもの。これは長所であり短所でもある

147 :名無し名人:2007/04/11(水) 16:12:00 ID:OD5q36Zd
>>146
「初めて」の人なら、将棋も同じく簡単に全滅させられる。やろうと思えば。
「全滅」に何の意味もないから誰もやらないだけ。
(囲碁でも意味ないが将棋は駒(地)を取った数を競うのではなく玉を詰ますゲームだからもっと意味ない)
初めての相手なら詰ませる能力ないんだからいくらでも手数引き伸ばしてやればいい。無意味そのものだが。
もちろんたいした棋力は必要ない。数ヶ月もやらなくていい。
つか、「初めて」の人相手なら
そんなに駒取ることなくさっさと詰ませられるから
余計全滅なんて面倒すぎる罠。


148 :名無し名人:2007/04/11(水) 16:24:29 ID:OD5q36Zd
将棋で、駒数において圧倒的大差がつくことは、
むしろ棋力が比較的近いほうが起こりやすいかも。
自然にやれば(双方が最短で勝ちに行こうとすれば)。

149 :名無し名人:2007/04/11(水) 20:16:59 ID:ATOBwAWA
将棋の場合は全滅する前に
王が詰んでる。

囲碁の場合は終局する前に
大石が死んでる。

碁の方が考え方を理解するのが
難しいのは事実だなぁ。

150 :名無し名人:2007/04/12(木) 00:53:41 ID:lXfZNi+S
将棋:ゴールが決まっている競争で、しかもゴールに到達したら
   さっさと帰ってしまって構わない。

囲碁:ゴールはなく、1日にいっぱい走った方が勝ち。
   但し勝負が確定するまではどれだけ差をつけていても途中で帰ることは許されない。

151 :名無し名人:2007/04/12(木) 01:38:11 ID:2nr8JBiN
途中で帰れば勝負も確定するよ。

152 :名無し名人:2007/04/12(木) 11:01:09 ID:qCfLc5Ty
囲碁のルールは難しくない
ただ実際に対局しなければとっかかりが掴めないことだろう
碁を知ってる人に打ちながら教えてもらえば一番早い。一局で覚られるだろう


153 :名無し名人:2007/04/20(金) 17:26:36 ID:O5PYPglW
↓を見れば一発で判る。
http://playgo.to/interactive/index-j.html

最初は11路盤が良いね!!角の打ち方が身に付く、9路地では角の打ち方が身に付かずその次が遅くなる。

154 :名無し名人:2007/04/23(月) 04:47:21 ID:Zc2THcTO
>>150
良い例えだと思うが、帰る云々の意味が分からない
囲碁に中押しが存在しないと言っているみたいだ

155 :名無し名人:2007/04/23(月) 05:52:23 ID:mHlKyh+Y
相手が初心者だと中押しなんて存在しないも同然じゃないのか?

156 :名無し名人:2007/04/23(月) 19:03:12 ID:pC5wCrDZ
>>152
死活に関しても、2眼とセキの生きの理解と、カケ眼の判断とかを1局で覚えるのは無理だろ

157 :名無し名人:2007/04/24(火) 03:20:56 ID:TDpanryp
確かに囲碁の難しさはやはり死活に関する総合的な理解にあると思うね。
囲碁の死活は単なる部分局面の生き死にならそれほど難しくないのだが
実戦の死活となると中盤以降、相手の生きのはっきりしない石への攻めを
含みに持たせながら自分の地を確保していくという基本的な戦術や、
同じ様に死活に関係した凌ぎや振り替わりと言った高等戦術などは
単純な生き死にの問題を習得しただけでは理解できない。
この辺が囲碁の醍醐味なのだが、この程度のことを一応理解してないと初段クラスとも言えない。
一方、この辺の相対的で流動的な損得の概念が将棋にはあまりない。
唯一、振飛車戦の捌き合いはこれに近いものがあるが、もっとずっと単純で
損得計算も苦労を要しないので初心者でもある程度慣れれば振飛車が指せてしまう。
やはり囲碁の方が難解であると思うし、教えにくくもある。

158 :名無し名人:2007/04/27(金) 05:21:22 ID:MOfr/39R
1目でも勝ちは勝ち、ってのがピンとこないのに「半目」って概念がどうもなあ。
柔道だと一本勝ちできなくて相手が教育的指導取られてそのままダラダラやって
とりあえず「勝ちますた」って感じ?

159 :名無し名人:2007/04/27(金) 07:49:44 ID:6PD4kZql
模様をはったり、捨て石やぼやけた地点に打ったり、理解できるのですが、
その前に誰かルール教えて下さい。

160 :名無し名人:2007/04/27(金) 07:57:38 ID:AUnvwNmd
「ヒカルの碁」は将棋の世界と共通する部分が多く、
将棋と置き換えてもまったく違和感がない。
将棋を趣味とするやつらも皆、面白いという評価だ。

将棋仲間で、碁をよく知らなくて、この漫画を見て
「コスムってなんだ?」とか「昔はコミってなかったの?」とか言ってた。

で、この漫画をきっかけに囲碁を覚えようとしてるのもいた。
おれもその1人だけど、結局、理解できなくて挫折してしまった。
誰か、誰でも読めば理解できる本を書いてくれよ。

161 :名無し名人:2007/04/27(金) 15:32:21 ID:N1RonjLR
>>158
レーシングとかマラソンで写真判定0.5秒で勝ちみたいなもんでおk

162 :名無し名人:2007/04/27(金) 18:39:05 ID:M+B9y2fx
競輪の写真判定タイヤ差みたいなもんか

不思議なもので競輪のスプリントで、弱いやつはどんなにハンデもらっても
絶対にゴール前でつかまるんだよな
競輪にスプリント競技がまだあった時(6車立て、今は廃止)、連日6着で負けてるやつに
会場全員が一度大逃げ打ってみろや、って声援(?)に応えて一人で半周以上差を
つけて単独で逃げたやつがいた。
絶対につかまるっちゅうーのって見てたら、さすがに後ろが牽制しあいすぎて
1/2車身くらいで逃げ切ったことがあったが、あれは例外。
はなすが脱線しますた

163 :名無し名人:2007/04/28(土) 00:46:17 ID:s9p0lYJJ
グズムも良く分からんぞ!良くってか全然わからん。NHK杯をながらで見てて良く出てくるんだが。

164 :名無し名人:2007/04/28(土) 19:58:10 ID:YzRtpv7y
グズミは本来愚形で悪いけれど
例えば石の攻め合いになったら
形なんか構ってられないから
愚形が最善手の場合がある

将棋でもそうだろ?

165 :名無し名人:2007/04/29(日) 02:03:27 ID:+LgXI01l
じゃあノゾキやタケフみたいに決まった形をしてるわけじゃないのね?
どうりでわかんなかったわけだ。愚形と言われても何が愚形なのかわかんないしなあ。

166 :名無し名人:2007/04/29(日) 02:20:32 ID:5eo8q+TS
いやグズミは概ねアキ三角だよ

167 :名無し名人:2007/05/14(月) 12:34:21 ID:bigOcsmR
コスミが相手に攻められて、ぐずついたのがグズミでは?

168 :名無し名人:2007/05/15(火) 06:02:16 ID:MNZygnh2
>>165
むしろ、ノゾキの形こそいろんなバリエーションがあるよ。

169 :名無し名人:2007/05/25(金) 18:03:52 ID:IclJa99M
ノゾキのテクニックという本があるくらいだからな

170 :名無し名人:2007/06/19(火) 13:36:27 ID:qouis5hZ
つか、受けも反発もしてもらえないノゾキは大抵悪手だろ。


171 :名無し名人:2007/06/19(火) 21:21:28 ID:9eYhfN52
やっぱ覗かれたら恥じらわんことにはな

172 :名無し名人:2007/06/25(月) 05:03:45 ID:9/wUbSpA
初心者でも終局まで指せるのが将棋(持将棋は置いといて)
終局まで打ててる時点で初心者は卒業しているのが囲碁

173 :名無し名人:2007/06/26(火) 18:27:49 ID:9TxSgoJG
囲碁のルール自体はそれほど難しくないけど、競技としての面白みにかけるの難点なのでは。

174 :名無し名人:2007/07/02(月) 23:33:57 ID:+XIbI9dx
囲碁は例えれば異世界に放り出されてその世界の法則を学ぶゲームなんだよ
簡単に言えば、とっつきにくいって事だな
見えない力関係っていうのさえ分れば(生死や勢力とか)
面白くなると思うよ。まあ一生解らんとも言えるけどw

まあ囲碁が特別でなく将棋でも上達すれば似たようなものは
あると思うし、それを覚えるのが最初からあるって事なんだろうな

175 :名無し名人:2007/07/03(火) 00:03:42 ID:pm3jI4Qa
父親が将棋も囲碁も両方やるけど、囲碁の方が好きで教えられた。
でも常に「2眼作ればいいんだ。2眼作ることを考えろ」ばっかりで、オレには全然意味がわからず、強くもなれなかった。
社会人になってなんとなく独学してたら、「囲碁は囲まれたら石を取られる」「相手の石を取れるなら囲まれた中にも打てる」
つまり、逆にいうと「2眼あれば石を取るための打ち込みが無くなるので、絶対安全」という事が理解できた。
理由を付けて教えてくれればいいのに、ひたすら「2眼作れ」ってのは飛躍しすぎでしたよ、父さん。



176 :名無し名人:2007/07/03(火) 00:30:29 ID:P3Cy4s/H
どだい眼を作るようじゃたいがい駄目だしね。


177 :名無し名人:2007/07/03(火) 05:53:42 ID:grFnh375
囲碁がゲームとしての面白さに欠けるのは確かでけど、
素人が手を考えなくても短時間でできるところがいいですね。

178 :名無し名人:2007/07/03(火) 10:19:55 ID:6x5ZmJIi
将棋と囲碁を両方やる人は囲碁のほうが面白いっていうけどね。
将棋のプロ棋士でも。

179 :名無し名人:2007/07/03(火) 10:56:07 ID:dFfa45J6
そうそう。雑魚棋士の先崎とか囲碁好きだよなw
羽生森内佐藤はチェス好きw

180 :名無し名人:2007/07/03(火) 12:59:33 ID:2eCnEoPj
一世本因坊の算砂のことを考えると昔っからいるもんだね、囲碁と将棋をやる人
って算砂を例に出すのは変か

181 :名無し名人:2007/07/03(火) 15:34:39 ID:grFnh375
>>178
俺も将棋も碁も両方やるけど、将棋はエキサイティングだけど難しくて疲れるな。

182 :名無し名人:2007/07/05(木) 21:35:05 ID:XWmXR9uW
http://youtube.com/watch?v=KbuE3c09UM8

183 :名無し名人:2007/07/06(金) 01:22:19 ID:6qq3928+
>>182
反則は対戦相手が指摘して認められるのかな?記録係は口出し無用?

184 :名無し名人:2007/07/06(金) 03:03:00 ID:j+an/wvy
将棋はもう20年位やってないなあ
二歩や時間切れ(対局時計)は、大会等で見学者でも指摘していいよ。
碁や将棋では数少ない、第三者が口出ししてもいい部分。

185 :名無し名人:2007/07/19(木) 00:47:20 ID:qa3onjO3
>>175
私は、囲碁は陣取りだと教えられたんだけどなんだか消極的な感じがして好きになれなかった。
将棋は激しく攻めたりするからね。それでも思い出したように本とか読んでたら、
藤沢先生の”碁は戦いだ”という文章を読んでなるほどと思った。
それが実感してから、将棋より囲碁が面白いと思うようになり、友人には囲碁を薦めるようになった。
でも、将棋は有段者でも囲碁は打つ機会ないから弱いんだけどね。

186 :名無し名人:2007/08/17(金) 23:39:14 ID:ZyqtXP+B
詰碁が難しいよね。1手だけ示せって良くわかんない。最後まで合ってて正解だと思うんだが。

187 :名無し名人:2007/08/18(土) 01:05:38 ID:1Gp4GRDr
>>186
詰碁は将棋の必死問題みたいなもの
短手数でも難しい

188 :名無し名人:2007/08/18(土) 18:37:52 ID:n6GbScwi
>>186
1手だけ・・・って言っても最善である必要があるので
結局は数手先まで読む必要があると思われ。
数をやれば、1手目を打つ場所はわかるが
それに対して相手が何処に打つのかがわからないので
3手目が打てない万年入門のオイラ・・・

189 :名無し名人:2007/08/18(土) 19:14:05 ID:/Y2cqrdy
囲碁が人気がないのはルールが難しいからではなく、
将棋に比べてゲームとしての魅力がないからだろう。

ただし、囲碁のいいところはある程度覚えてしまうと、
ほとんど考えることなく打てるところなのだが、
今はそこまで上達するチャンスがないのが問題だね。

190 :名無し名人:2007/08/19(日) 23:06:01 ID:Q6lKz5cm
>>188
そこがいけない。1手目が正解でも3手目、5手目を間違えていれば結局間違い。
しかしそこを囲碁の偉い人は問題としない。だから初心者はいくらやっても強くならない。
なぜ3手目がそこではなくここなのか。そこを将棋のように問わなくてはいけないのだ。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)